OS X 10.8 から GateKeeper? が導入され, デフォルトの設定では, 出所の怪しいアプリケーションは実行できなくなった.

その副作用として,インターネットからダウンロードした PDF や PowerPoint? の ファイルを開こうとすると「壊れている」といわれ,開くことができないことがある. (ホームをネットワーク上にしているユーザで起こるようだ)

解除するには, 「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」->「一般」タブで 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」が 「すべてのアプリケーションを許可」にする.

ただ,この設定は 30 日たつとデフォルト設定に戻るようで, 教室環境で運用する場合などには起動時のスクリプトに以下のコマンドを 実行することで回避する.

また,Sierra からは「すべてのアプリケーションの実行を許可」の選択肢が無くなり,コマンドで設定するしかなくなった.(コマンドで設定すれば,選択肢が表示されるようだ. HighSierra? ではどうなる?)

spctl --master-disable

なお,現状の設定を確認するコマンドは

spctl --status

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-12 (火) 10:14:47 (162d)