TimeMachine? の問い合わせを抑制する

外づけディスクをマウントする度に,TimeMachine? で使うかどうかを 尋ねられるのはうっとおしい

I have the same issue, working with a lot of different hard drives every day. I figured that it had to do with a launch daemon and in /System/Library/LaunchDaemons?/ there is a file called "com.apple.backupd-attach.plist". I think this is what controls the time machine function when a new volume is launched. I opened the file with Property List Editor and there is a toggle for on/off. I disabled it, and the next time I mounted a volume it didn't ask me about time machine, but it also didn't let me eject the volume. Haven't quite figured that one out yet, but I thought I would post what I found to see if anyone else had an insight.

/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-attach.plist

はテキストファイルなので,これを編集する.

->ダメだった.

これはどう? http://www.macosxhints.com/article.php?story=20080114082057330

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.TimeMachine \
 DoNotOfferNewDisksForBackup -bool YES

で再起動で O.K. だった.


TimeMachine? アイコンをメニューバーに表示しない

$ sudo chgrp admin /System/Library/CoreServices/Menu\ Extras/TimeMachine.menu
$ sudo chmod 750 /System/Library/CoreServices/Menu\ Extras/TimeMachine.menu

TimeMachine? アイコンを Dock に追加させない

初回ログイン時にユーザ環境をつくるようにしている環境で, Dock の登録アプリケーションに強制的に TimeMachine? が追加されることがある.

この場合は,テンプレートに

Library/Preferences/loginwindow.plist

を加えておく. 中身は,いづれかのユーザのものをコピーすればいい.

これは, AppStore? でも同じ.


NAS を TimeMachine? ボリュームとしてつかえるようにする

defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

tmutil

TimeMachine? の機能はコマンド tmutil で行うことができる.

tmutil の主要な内部コマンド

内部コマンドはたらき
compare2つのスナップショットを比較
enableタイムマシンを有効化
enablelocalローカルスナップショットを開始
disableライムマシンを無効化
disablelocalローカルスナップショットを停止
latestbackup最新のスナップショットを表示
listbackupsスナップショットを一覧
snapshotローカルスナップショットの作成
startbackup(外付け HDD への)バックアップ作業を開始
stopbackupバックアップ作業を強制停止

バックアップサイズを調べる

$ tmutil calculatedrift `tmutil machinedirectory`

対象のバックアップを削除する

$ sudo tmutil delete /Volumes/***/Backups.backupd/****/YYYY-MM-DD-SSSSSS

2つの期間のバックアップを比較する

$ cd `tmutil machinedirectory`
$ tmutil compare YYYY-MM-DD-SSSSSS yyyy-mm-dd-ssssss

直前のバックアップと比較

$ tmutil compare

バックアップを引き継ぐ

マシン交換などで本体が変わった場合に,バックアップを引き継ぐ.

$ sudo tmutil inheritbckup /Volumes/***/Backups.backupdb/****

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-15 (土) 18:48:13 (155d)