http://www.washington.edu/imap/

インストール手順

$ gtar xvzf imap.tar.Z
$ cd imap-2004g
$ vi src/osdep/unix/Makefile

SSLDIR=/usr/sfw
SSLCERTS=/etc/sfw/openssl/certs
SSLKEYS=/etc/sfw/openssl/private
SSLINCLUDE=$(SSLDIR)/include
SSLLIB=$(SSLDIR)/lib

make する前に LD_RUN_PATH に /usr/sfw/lib を加えておく

$ LD_RUN_PATH=/usr/local/lib:/usr/sfw/lib
$ export LD_RUN_PATH
$ make gso PASSWDTYPE=pmb SSLTYPE=unix
(SSLTYPE=unix にしないと,PLAIN TEXT 認証が通らない)
# mkdir /usr/local/sbin
# cp imapd/imapd /usr/local/sbin

SMF への登録.

/etc/services に以下の行を加える.

imaps           993/tcp                         # IMAP over TLS/SSL

以下のファイル(inetd.conf.imapd)を作成する.(inetd.conf の書式)

# imap
imap   stream  tcp     nowait  root /usr/local/sbin/imapd    imapd
#
# UW imap with SSL
#
imaps   stream  tcp     nowait  root /usr/local/sbin/imapd	imapd

inetd.conf.imapd のインポート

# inetconv -i inetd.conf.imapd
imap -> /var/svc/manifest/network/imap-tcp.xml
imap-tcp.xml をインポートしています ...完了
imaps -> /var/svc/manifest/network/imaps-tcp.xml
imaps-tcp.xml をインポートしています ...完了

あと,tcp_wrappers の設定をしておく.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-25 (月) 17:34:03 (4436d)